製品紹介

DPCコーディング適正化支援システムDPC Striker

弊社独自の手法により、適正なDPCコーディングを支援いたします。
「DPCコーディング支援機能」「請求DPCシミュレーション機能」「アウトライヤー分析機能」「人為的誤りチェック機能」「調査/提出データ検証機能」「地域別退院患者検証機能」「DPCコーディング検証支援サービス(オプション)」を軸に請求DPCコーディングをあらゆる角度から分析します。 単に出来高との比較、収益性の観点からDPCコードを検証するのではなく、医療資源投入量、診療プロセスに基づいた病名付与(弊社独自マスタを使用)により、適正なDPCコードを検証し、適正な請求に向けたコーディング業務を支援いたします。 また、視覚的にも、データの羅列では見つけにくいアウトライヤー値等の検証対象を簡単に検出し、該当患者を瞬時に特定することが可能です。
重症度、医療・看護必要度評価支援機能(オプション機能) では、看護必要度の記録と評価(Hファイル)の適正を診療行為(EFファイル)からチェックし、看護必要度評価の精度向上をサポートします。また、重症度、医療・看護必要度Ⅰ・Ⅱの二つの評価方式に対応した集計・分析機能を搭載し、Ⅰ・Ⅱそれぞれの基準超え状況の確認や評価の比較が可能です。
DPC導入初期病院様からDPC請求病院様まで活用いただけます。

査定書類OCRシステムLeaTa

査定書類のデータ化による作業の効率化と、多角的な分析による査定対策を支援いたします。
紙帳票は帳票ごとにスキャンするだけ、csvファイルはダウンロードしたファイルをそのまま、加工なしで取り込むことが可能であるため、入力作業にかかる工数を大幅に削減できます。 また、EFファイルやレセプト請求データを取り込むことで、医師や診療科ごとの集計が可能となり、より多角的な視点で分析できます。
コンサルティング システムインテグレーション システムデベロップ

Page Top